自然体験活動

定員に達しましたので
募集を終了致しました。
【平成30年度 活動4 山のスペシャル】
〜石は語る、地質観察をとおして札幌の成り立ちを探る!〜
実施日 9月2日(日)募集人員 30名

「平成30年度 子どもまちなか生き物塾」

「子どもまちなか生き物塾」は、守屋 開先生を総合コーディネーターとして、精進川の流域生態系を中心に自然界の“命のつながり”の仕組みを学びます。
この体験を通して生物多様性の重要性について関心と理解を深め、かけがえのない自然を人間の知恵で後世に残せるように何をなすべきなのか、子ども達とともに考えるプログラムです。

【活動4 山のスペシャル 主任講師:岡本 研(おかもと きわむ)先生】

石は語る、地質観察をとおして札幌の成り立ちを探る!

【活動のねらい】

豊平川を下流から上流に遡りながら、地形、露頭や岩石の観察、化石の採取を行い、どの時代にどのような自然現象が起きたかを調べ、札幌のジオスト―リ―をつくります。

  • 参加対象者:小学5年生以上、中学生
  • 募集人員:30名
  • 参加費:無料
  • 集合日:平成30年9月2日(日)
  • 場 所:中の島小学校前集合
    (札幌市豊平区中の島2条1−1−22)
  • 詳細プログラム:プログラムスケジュールはこちらをご覧下さい。
    ※「平成30年度リーフレット」はこちらをご覧下さい。

参加募集は2018年6月20日(水)より開始いたします。

先着順に受付いたします。満員になり次第締め切りとなります。申込みの締切日は、活動日の2週間前です。
※参加登録の可否を1週間以内に回答します。回答がない場合は、必ずお問合せ下さい。


平成30年度定員に達しましたので、募集を終了致しました。
多数のご応募ありがとうございます。

【岡本 研 先生のプロフィール】

金沢大学大学院理学研究科地質学専攻を卒業、北海道立高等学校の理科教諭、北海道立教育研究所附属理科教育センター次長、北海道厚真高等学校校長、現在は東海大学札幌教養教育センター教授